そら用心の動作確認

そら用心が正しく通知できるかを確認します。

※ご注意

iPhone4はiBeaconに対応していません。iPhone4S以降の機種でiBeaconをご利用頂けます。

事前確認

通知の確認の前に、以下の項目が正しく設定されているかをご確認ください。

 

  1. ネットワークが3G/4G/LTEで接続されている、もしくはWiFiで接続されている。
  2. Bluetoothがオンになっている。
  3. 「設定」アプリの「プライバシー」の「位置情報サービス」がオンになっている。
  4. また、「位置情報サービス」で「そら用心」がオンになっている。

 

そら用心の動作確認

  1. 画面左下のiBeaconのアイコンを押してビーコンの状態を確認できるようにします。




  2. 「iBeaconを使用する」がオンになっていることを確認します。




  3. 「降水確率が高い場合だけ」がオンになっている場合は、一時的にオフにします。

    • 「降水確率が高い場合だけ」がオンになっている場合、降水確率が低い場合は通知を全く行ないません。そのため、動作確認を行なうタイミングで降水確率が低い場合は、足し駆動さしているかを確認できない場合があります。

  4. 「検出状態」が「圏内(距離およそ○○m)」の表示となっている場合はiBeaconが近くにあります。




  5. 「検出状態」を確認します。「検索中」の表示となっている場合はiBeaconが近くにありません。「圏内(距離およそ○○m)」に変わるまでiBeaconにゆっくりと近づいてください。




  6. iPhoneをiBeaconに触れる程度に近づけても「検索中」のままの場合は、iBeaconが正しく動作していないか、 そら用心 の設定でUUIDやMajor、Minorが正しく設定されていない可能性があります。

    iBeaconに電源が入っているか、 そら用心 に正しく情報が設定されているか確認してください。
  7. 「検索中」になるまでiBeaconから離れてください。
    • iBeaconの電波の圏外に出てからもそら用心が圏外表示になるまでには40秒程度の時間がかかります。明らかに圏外の状態になっても圏内表示の場合は、その場所でしばらくお待ちください。
    • そらビーコンなどの電波の届く範囲を設定できるiBeaconをお持ちの場合は、まずは範囲を最も小さくします。そらビーコンの設定方法はビーコンの購入と設置の「電波の届く範囲を設定する」をご確認ください。

  8. そら用心 を終了してください。
    • ホーム画面に戻るのではなく、アプリを終了させます。ホームボタンをダブルタップし、起動中のアプリ一覧から消します。

  9. そら用心をもう一度起動し、「検出状態」が「検索中」になっていることを確認してください。



  10.  iPhoneのスリープボタンを押して画面をロックして、ゆっくりとiBeaconへ近づいてください。

  11. iBeaconの電波が届くところまで移動すると降水確率がロック画面に通知されます。通知が正しく表示されるとそら用心は動作しています。



  12. 必要に応じて、「降水確率が高い場合だけ」の設定を戻してください。



    • 「降水確率が高い場合だけ」がオンになっている場合、降水確率が低い場合は通知を全く行ないません。普段のご利用で通知が煩わしい場合は、この設定をオンにし、適切な降水確率を選択してください。

通知する場所の確認と設定

  1. 「検出状態」が「検索中」の場合はゆっくりとビーコンに近づいてください。「検索中」から「圏内」に変わる場所がそら用心が通知を送る場所です。

  2. 「検出状態」が「圏内(距離およそ○○m)」などになっている場合は「検索中」になるまでビーコンから離れてください。なお、電波の届かない距離になっても一定時間は「圏内(距離およそ○○m)」の表示のままです。「検索中」に変わってから「圏内(距離およそ○○m)」に変わる場所が電波の届く限界です。

  3. 「検索中」から「圏内(距離およそ○○m)」に変わる場所がビーコンから遠すぎる場合は、iBeaconの電波の届く範囲を変更して、より狭い範囲で通知が来るように設定してください。iBeaconの電波の届く範囲が変更できない場合は、「ホームボタンを押して通知」のご利用をご検討ください。

© Copyright feedtailor Inc.